FC2ブログ

のんびり

Archive2019年11月 1/1

ちょっとだけ星空

連投です。11月3日の夜 曇りこの日までほぼ毎晩良い天気でした。ちょっと外に出てみると、いつでも満点の星空でした。天気予報もずっと晴れだったので油断してました。それに上弦前の明るい月が出ていて空が明るくなっていました。なので、月を見ないように撮りました。我が母校の浦安小学校のグランドよりオリオン座とおうし座天頂付近11月4日の夜毎日昼間は出歩いてて、ちょっと疲れが出始めてた。従妹が温泉に行こうっていうの...

  •  4
  •  -

倉吉線

11月5日 晴れ中井精也さんの鉄道写真旅の番組で山陰本線をやってて、この倉吉線の廃線を紹介していた。今回帰ってたら是非行ってみたいと思っていました。この日も軽トラで走り回ります。実家でアルバムをめくっていたら、こんなスクラップがありました。消えゆく倉吉線。小学生の時に友達と一回乗った記憶がある。関金というところに向かうのに山道を走ります。地図でだいたいの場所は調べたけど、はっきりとした場所が分からず...

  •  6
  •  -

三徳山 投入堂

11月4日 晴れ午前中は琴浦を少しだけフラっとして、この日の本命である三徳山に行ってきた。もとから午後一くらいから山に入れたらいいと思ってましたが、意外と遠くて遅くなってしまいました。受付は、15時まで。2人以上での入山。滑りにくい靴(これは当たり前ですね)ボクはいつも単独行動です。しかも時間は14時半ごろになってしまいました。何も確認しないで受付に行ったので、一人では入山させないと言われ呆然としてしまい...

  •  4
  •  -

ちょっとだけ琴浦町にて

11月4日 晴れ3日はくもりだったけど、天気は回復しました。朝から軽トラを借りてある所に行ってみようと思っていた。ちょうど車に乗り込んだら、お坊さんから電話があり書類を渡したいから来てほしいとのこと。坊さんの家を探すの手間取ったけど、何とか会うことができて書類も受け取ることが出来た。こうなったらちょっとだけ観光だ。近場だから行ってみることに。こんなところがあったなんて、当然ながら知りませんでした。サー...

  •  4
  •  -

紅葉

11月3日 くもり紅葉を見に叔父と二人で出かけます。まずはこの橋からの景色を車もそんなに来ないし、まあまあ高度もあるけど、下から橋を見たりできるわけでもなく、ただこれだけ。ところどころで紅葉してるけど、まだかなぁ。鏡ヶ成って初めて知った次はさっそく鍵掛峠に行ってみる。この天気だと大山は全く見えないけど、すごい人がこの小さな駐車場にやってきます。大山が見えないので撤収です。この渋滞です。みるくの里に行...

  •  4
  •  -

大山滝

11月2日 晴れ。子供が小さい時に一度行ったことがあるはず。でも滝の写真が無い。と言うことで今回は改めて行ってみることに。この日は軽トラを借りて向かいます。鹿島槍ヶ岳のような山があった。この直線。ぴったり1キロあるそうです。一向平のキャンプ場。ここは見覚えがある。最初は歩きやすい道です。急な階段が登場。一気に下りていきます。結構長い下り。帰りはこれを登るのかと思うと辛いかも。そして、これ。前回こんな吊...

  •  6
  •  -

大山、下山~ラーメン

仮の山頂を後にして下山。次いつ来られるか分からないので、何度も立ち止まって景色を眺めます。どこの局か分からなかったけど、撮影隊と遭遇。有名な人はいなかったと思われる。カメラ、マイク三脚、ケーブルなどやっぱりこうして誰かが運んでいるんだと思いました。みなさん辛そうだった分岐に来ました。行者方面に下ります。急な階段を下りて行く。こちらは葉っぱが黄色く色づいている。時々紅葉の間から北壁が見える。ひたすら...

  •  4
  •  -

念願の伯耆大山へ

今回は長期休暇だったので、レンタカーはすぐに借りないことにして、叔父に車を借りようと思っていた。大山に行ってくると言ったら車使っていいよって言ってくれるかなと思って、朝早くに大山に行ってくると言ったら、「じゃあ送ってやるよ」と即答された。朝早く行くけどいいか確認したけど、叔父は送ってくれるとのこと。10月31日 天気予報は晴れ。気温は、、不明。4時半起き。準備して5時過ぎには出発。朝ごはん無し。(山登り...

  •  4
  •  -

sentimental journey

空き家になっている家が壊れてきているから一度見に来いと叔父に言われて2年が過ぎた。仕事も一段落したので休みを取って帰ることにした。家を見て、大山に登って、ちょっと観光して帰るつもりで軽い気持ちで帰省した。品川20:55発の夜行バスで倉吉駅前に7:30頃着いた。倉吉駅から山陰本線に乗って地元まで帰る。運転手と車掌は女性だった。上り列車の待ち合わせがあったけど、すぐに着いた。乗ってきた列車を見送る無人駅になって...

  •  -
  •  -